グラデュウス・マルチリンガルサービス

翻訳・通訳集中セミナーの詳細
 

                  ★夏期翻訳集中講座
 
スケジュール
10:00〜11:30 13:00〜14:30 14:30〜15:00 15:30〜17:00 18:30〜20:00
8月20日(木) 時事英語@ 文法@ 茶話会 -- --
8月21日(金) 時事英語A 文法A 茶話会 -- 出版概論@
8月22日(土) 文芸・小説@ 文芸・小説A 茶話会 出版校正A --
8月23日(日) 出版校正B 日本語編集C PC使用法D 出版事例E --
 
翻訳セミナー詳細(受講料:1レッスンにつき @3,000円)
◆文法コース(講師:柴田先生)
@「andとカンマ、記号、掛かり方、日英語の誤差」
英語教育でおろそかにされているが、この4つは英語を読むうえでの根幹をなす。当日テキストを渡し、それを基に解説してゆくが、予め事前配布の小冊子『アンドとカンマと記号』にざっと目を通しておいてください(当日持参のこと)。

A「プロの誤訳から英文法を学ぶ」
いくつもの翻訳書、英語指南書から誤訳・悪訳箇所を挙げ、なぜ間違いなのかをクイズ形式で受講生に考えてもらいます。誤訳は誰にも起こるもの。馬鹿にするのでなく、他山の石となるよう楽しく学んでもらいます。予めテキストに目を通しておいてください。
 
◆時事英語コース
@「オバマ演説」
オバマ大統領の演説の抜粋部分を精読解説のうえ、受講生訳(各自翻訳し、授業3日前までに事務局に提出)と市販訳を検討します。演説にふさわしい文体で訳すことが望まれます。

A「オバマ演説」
オバマ大統領の演説の抜粋部分を精読解説のうえ、受講生訳(各自翻訳し、授業3日前までに事務局に提出)と市販訳を検討します。演説にふさわしい文体で訳すことが望まれます。
 
◆文芸・小説コース
『夜想曲集』(カズオ・イシグロ) その@
連作の第1章にあたるCrooner(全30頁)の冒頭(p3〜5)部分を精読解説のうえ、各自翻訳し、と市販訳を検討します。中間部分(p4〜29)は授業で扱わないが、ざっと読んでおくことが必要です。授業3日前までに事務局に提出すると添削を受けることができます。

『夜想曲集』(カズオ・イシグロ) そのA
連作の第1章にあたるCrooner(全30頁)の終末(p30〜33)部分を精読解説のうえ、各自翻訳し、市販訳を検討します。中間部分(p4〜29)は授業で扱わないが、ざっと読んでおくことが必要です。授業3日前までに事務局に提出すると添削を受けることができます。 
 
出版翻訳講座スクーリング(受講料:1レッスンにつき @4,000円*
<出版翻訳講座の詳細はこちら>

@出版概論 (講師:柴田先生)
出版翻訳業界の概要と出版翻訳者に求められる素養について解説。

A出版校正 (講師:高松先生)
300冊を超える翻訳出版コーディネーターが教える出版翻訳を商品にする秘訣です。どういう手順を踏むかを解説し、まず、日本語を読み込んで行く演習を行います。ベテランコーディネータは日本語訳文から、誤訳を見つけ出します。

B出版校正 (講師:高松先生、山本Gradus代表)
英語と訳文を付け合わせ、誤訳をなくし、スムーズな日本語にするプロセスの演習です。よくある誤訳の例、よくある「いずい」日本語の直し方を解説し、事例演習をします。

C日本語編集 (講師:上野先生)
翻訳といえど、読み物です。魅力的な日本語についての解説と、直訳英文を日本語らしく書き直す演習をします。

DPC使用法 (講師:高松先生)
Wordのトラックチェンジ(校正機能)の使用が、翻訳出版講座の必須です。WS Wordの基本的な使い方の演習を行います。
E出版事例研究 (講師:高松先生)
今回の集中講座の仕上げとして訳文を持ち寄り、事例演習を行います。

*出版翻訳講座参加者であれば、こちらは無料です。
 
講師の紹介 
柴田耕太郎 
(株)アイディ代表取締役、日本出版学会会員、明星大学講師
東京生まれ。早稲田大学文学部フランス文学科卒。岩波書店嘱託を経て渡仏、演劇を学ぶ。産業・出版・映像・戯曲の翻訳全ジャンルを経験。1977年、(株)アイディに入社。1981年に代表取締役社長に就任。1997年に出版翻訳者を育成するための私塾「翻訳塾」を開講。塾生の中から現在活躍中の多くの出版翻訳者が誕生しています。
翻訳企業経営者、翻訳者、翻訳教育者として昨今の英語学習者のみならず、プロの英語力の低下を憂慮して、原因の分析と試行錯誤を重ねつつ、翻訳者・英語学習者が「英語を読む力をきわめる」上で必須のプロセスとも考えられる方法をひとつのメソッドとして完成させました。徹底的な精読を基本とする「翻訳現場」の発想から生まれた「柴田メソッド」の優れて大きな効果は、ここ数年の教育成果で立証されています。

著書: 「翻訳家になる方法」(青弓社)
「英文翻訳テクニック」(ちくま新書)
「翻訳家で成功する!」(工作舎)
訳書: 「間違いだらけの発声法」(東亜音楽社)
「ブレヒト」(現代書館)
「フランス現代演劇傑作選」(演劇出版社)
論文: 「出版翻訳における訳者選定」
「翻訳料の研究」
「翻訳教育の可能性」(出版研究29, 30, 32)
その他: 上演戯曲「オクラホマ」(宝塚歌劇団)
「やかまし女」(劇団昴)
映画吹替など多数
 
高松有美子 
出版翻訳コーディネーター。東京の老舗翻訳会社、株式会社アイディで出版翻訳のコーディネーターを10年以上勤める。コーディネートした翻訳書は300冊を超え、ベストセラーも数冊。

★お申込みはこちらのフォームよりお願いします。


                  ★出版翻訳講座

出版翻訳のABCを、実際に体験する講座です。
今回は6カ月かけて、イザベラバードのUNBEATEN TRACKS IN JAPANを参加者が分担して翻訳し、お互いに校正し、さらにプロの編集者の指導を受けて「出版できる原稿」を完成させます。完成原稿は、参加者の連名訳として電子出版します。


今回の集中講座は、そのためのスクーリングです。

◆講座の内容
参加者はチームとして、以下の業務を順番に全員で行います。
1) 翻訳  (6週間)
2) 原文との照合  (6週間)
3) 表記の統一などの校正 (2週間)
4) 日本語の精度を上げる (4週間)

全員が、他人の翻訳の編集作業をWordの変更履歴付きで行います。訳文はE-mailを使い送付します。情報交換や質問などは、CC:で全員に送付します。

・途中経過は指導者(高松・山本)が常にモニタリングし、適時アドバイスをします。
・最後にプロの編集者が全体を校正し、指摘事項は全員にフィードバックします。

◆参加者のメリット
1) 自分の名前のついた訳本が出版される
2) 他人の翻訳を見ることができる
3) 翻訳だけでなく、編集技術も修得することができる
4) 出版翻訳のプロセスを体験できる

◆参加者
1) 各講座で優秀な成績を収めた受講生
2) これまでの講座受講生以外の希望者の方には、受講資格試験があります
3) Wordの変更履歴(集中講座D)とメールを操作できる人
4) 6カ月のスケジュールをきちんとこなせる人。
(翻訳以外に、校正作業に週に1日は空けておける人)

◆出版翻訳講座参加料  60,000円 (税込)
今回の出版翻訳講座スクーリング全6レッスンの参加料が参加料に含まれています。
(受講できない場合も、その部分の費用をお返しできませんのでご了承ください。)

★お申込みはこちらのフォームよりお願いします。


グラデュウス・マルチリンガルサービス株式会社
〒060-0807 札幌市北区北7条西2丁目6番 37山京ビル302
Phone: (011) 717-8770
Fax: (011) 717-8772
(手入力してください)